TOP > TOPICS(更新記事一覧) > MIT CREATIVE > 動きを表現するのに最適な効果音『衣擦れ』~単体の音と衣擦れを足した音を聴き比べ
  • MIT CREATIVE
  • 2021.06.02

動きを表現するのに最適な効果音『衣擦れ』~単体の音と衣擦れを足した音を聴き比べ

以前にも何度かブログでご紹介していますが、MIT STDIOではプロレコーディングスタジオだけではなく、音響効果の仕事も承っております。効果音の制作から音楽の制作まで、ゼロから作り上げることができます。その中でも今回は、音響効果の中で便利な効果音についてご紹介したいと思います(個人的な考えが少し多いかもしれませんがご了承下さい)。

何かと便利な効果音『衣擦れ』

動きに効果音を付ける場合、基本的には着ている服や、身につけてるアクセサリー、靴の素材などを参考に音を選び付けていきます。動きが激しい時、あまり動いてない時、動きに迫力をつけたい時、しなやかに上品に見せたい時、どんな時でもこの音を一緒に選ぶと何とかなる!という効果音があります。それが「衣擦れ」です。

衣擦れとは簡単に言うと、服が擦れる音の事を言います。なにか動く時に付けると良い感じに聞こえる素材です。もちろんやみくもに付けても違和感しかありませんので、その時のシチュエーションなども考え、そのシーンにあった効果音を選ぶのが前提です。衣擦れの音自体は服の音だけでなく、旗や布団など、布系の服以外の音も使うことが多いです。

例えば、みなさんが想像しやすいもので言うと「パンチ」する音です。分かりやすい音で、パンチ単体の音と、衣擦れを足した音とを聴き比べてみましょう。

パンチ単体の音


衣擦れを足したパンチ音


衣擦れを足すと、映像が無くても動きに対してより明確に想像できるのが分かります。作品中では更に足音や環境音、声など色々な音が混ざり合い更にそのシーンが分かりやすくなります。次は、例えば空を飛んでいる音です。
私自身、空を飛んだことがないので分かりませんが、これはおそらく実際の音にも衣擦れの音はあります。ですがそれを大袈裟に付ける事で『飛んでる感』が増すのです。風の音と衣擦れの音を混ぜたものをお聞きください。

衣擦れを足した風の音

いかがでしたでしょうか?飛んでる感を感じられたと思います。皆さんがプレイするゲームや、よく見る映画なんかでも沢山の衣擦れ音が使われています。今回は衣擦れをご紹介しましたが、他にも沢山の音を駆使して作品を作ります。MIT STUDIOでは沢山の効果音ライブラリがあり、その他にも服や布を実際に動かして録音する事もしばしばあります。

関連リンク

妥協しない音作りを目指して、私たちは日々研究を続けています。この記事を読んでみて少しでも興味をもっていただけたら幸いです。ご相談や仕事のご依頼など、お気軽にご相談をお待ちしております。

著者:MIT STUDIO(エディター)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る