TOP > TOPICS(更新記事一覧) > STUDIO > 新人エディターの業務レポート~iZotope RX9でプリセットをショートカット化
  • STUDIO
  • 2022.09.19

新人エディターの業務レポート~iZotope RX9でプリセットをショートカット化

2022年4月にMIT STUDIOに入社いたしました、エディターの尾堂と申します。エディターの主な業務内容は、音声ファイルのノイズカットがメインとなっております。ノイズカットとは、リップノイズ・鼻鳴り・ルームノイズなどを除去して、聞きやすい音声にすることです。詳しくは以前の記事をご覧ください。

関連リンク:MIT STUDIOのエディターについて~ナレーションなどの音声ファイルのブラッシュアップに特化

iZotope RX9のショートカット化

今回は、エディターが音声編集業務にて使用している「iZotope RX9」のプリセットをショートカット化する方法について紹介させていただきます。RX9には非常に多くの機能が搭載されております。その中でもよく使用する「De-click」「silence」「Gain」「拡大・縮小」などは、以前ご紹介したように、トラックボールやShuttleXpressに設定しております。

関連リンク

私は上記記事にで紹介されれいるショートカット設定で、音声編集業務に励んでいるのですが、ある日の私はこう思いました。

「とても小さく細かいノイズに、少し強いDe-clickをかけるのは気が引ける…」

ノイズをしっかりと取り除くため、少々強めの数値でDe-clickを適用しております。通常ならそれでも問題ないのですが、小さなノイズにその強い数値でDe-clickをかけると、加工感の強い、歪な音になってしまいます。

ここまで読んでくださった皆様は、おそらく「どのくらいの強さでDe-clickするかの値をバーで調整したら良いのでは?」と感じたかと思います。しかしそれは、音に集中し且つスピーディに作業するにはタイムロスになってしまいます。

歪な音になるのを回避しつつ、タイムロスも避ける方法…。…そうです。「プリセットをショートカット化」すれば良いのです。

①設定したい数値にして3本線マークを押す

※今回はDe-clickの画面でご紹介しております。

設定したい数値にした後でメニューをクリックしてプリセットを追加

プリセットを組みたいツールを開き、画像赤丸部分を押すと英語が出てきます。「Add Preset」を選ぶと、現在設定されている数値でプリセットが組まれます。名前をつけるようにRXから言われますので、任意の名前をつけましょう。今回は強い数値のものを組みましたので、「Tsuyoi (Sensitivity:8.3)」にしました。

②もう一度同じ部分を押し、ショートカットを割り当てる

プリセット追加後にメニューを押してショートカットを設定

名前をつけると、先ほどは選べなかった「Set Preset Shortcut…」が選べるようになります。こちらを押すと、ショートカット設定画面に移行しますので、任意のキーボードに割り当てましょう。私は、右手の親指が届きやすいテンキーの数字、左手の親指が届きやすい左端のキーボードなど、なるべく手・腕を動かさない位置に設定しております。同じ要領で弱い数値のもの「Yowai (Sensitivity:3.0)」も設定しました。

設定は以上です!これで無事設定できました。キーボードを一回押すだけで強い数値、弱い数値でDe-clickができます。Tsuyoi8.3とYowai3.0にどれほど差があるのか、画像にはなりますがご紹介いたします。

こちらが何も触っていない元データです。

修正前の元データ

こちらはTsuyoi (Sensitivity:8.3)をかけたデータです。

Tsuyoi (Sensitivity:8.3)をかけたデータ

こちらはYowai (Sensitivity:3.0)をかけたデータです。

Yowai (Sensitivity:3.0)をかけたデータ

音の始まりのアタック部分や、画面下の低音部分など、TsuyoiとYowaiでは大きな差が出ることがお伝えできたのではないかと思います。このように適切で丁寧な音声編集を徹底し、より良いものを納品できるよう作業を行なっております。今回はノイズカットについてのお話になりましたが、MIT STUDIOでは、収録、音声の切り出し・リネーム、音圧調整等も行なっております。お気軽にお問い合わせください。

著者:尾堂みつき(エディター)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る