TOP > TOPICS(更新記事一覧) > STUDIO > 音楽レコーディングエンジニアのリモートワーク~使用PCや機材について
  • STUDIO
  • 2021.02.01

音楽レコーディングエンジニアのリモートワーク~使用PCや機材について

新型コロナウイルス(COVID-19)がいまだに猛威をふるいリモートワーク(テレワーク)という言葉が定着してきています。MIT STUDIOでも引き続きリモートワーク出来るスタッフは率先してリモートワークをしています。これまでもリモートワークに関して記事にしていますが、今回はレコーディングエンジニア目線でお伝えします。

関連リンク:新型コロナウイルス感染予防対策~エディターによるリモートワークに関する考察

レコーディングエンジニアのリモートワーク

実際どんなPCを使っているのか

いざ「リモートワーク」となってもPCや機材はどこまで必要なの?となる場合も多いかと思います。今回は実際に私が自宅で使っている機材(DAW)をリストアップしていきますので、参考になればと思います。

PC
MacBook Pro(Retina, 15-inch, Mid 2015)
プロセッサ 2.8 GHz Intel Core i7
メモリ 16 GB 1600 MHz DDR3
・mac OS
High Sierra(10.13.6)
・DAW
Pro Tools 2019.12

5年前のノートモデルですがスペックは高めなのでストレスなく動きます。Mix作業をするときは写真のようにノートのディスプレイはサブディスプレイ扱いにしてメーターなどを表示しています。これが意外と便利です!

Pro ToolsはHDではないのでトラック制限(オーディオ128トラックまで)の縛りが意外と辛いです。少しオーバーしそうな場合は数トラックをまとめたりして収めたりします。プロジェクトによってはInstトラックだけで200トラックを超えたり、Vo(ヴォーカル)に一部分だけ特殊なエフェクトをかけたりするためにトラックを分けることもあるので、意外とストレスでした。トラック数が多い作業の場合は会社でやっています。

※まだ現役だと思っていたmac mini(Late2012、2.3GHzクアッドコア)ではMixには耐えられませんでした。Edit作業などは問題なく動きます。メモリも同じ16GBなのですが、OSやProToolsが新しめなので作業についていけないんですかね。購入当時フル改造したのですが・・・。同じ仕様のmac miniを利用してリモートワークしたいと考えている人の参考になれば幸いです。

オーディオインターフェイス

GRACE Design m903

この機材は会社でなかなか使う機会がなかったのですが大活躍しています!GRACE製で音は安定のクリア方向。ヘッドホン端子も二つあり、音源の入力もアナログ(XLR)、デジタル(AES,S/PDIF)、USBと豊富です。出力もRCAであるのでミニスピーカーを鳴らしたりするのに便利です。m900というコンパクトな後継機種があり、必要な機能は揃っているので、もし自分で買うのならそちらにすると思います。

関連リンク:GRACE design m900 

ヘッドホン&スピーカー

ヘッドホンはSHURE「SRH1840」です。過度な色付けがなく低音もふくよかにしっかり聴こえ、レンジ感もしっかりわかります。耳にベタ付きではないので少し音との距離がある感じはしますが、それが長時間聴いていて疲れにくい要因になっていると思います。ただ、ちょっと重さがあるのでうまく頭に乗せないと脳天が痛くなります。。プロユーススタジオ標準のSONY 900STもあるので、適宜使い分けをしています。

ミニスピーカーはMIT STUDIOで利用している標準スピーカーと同じ「iLoud Micro Monitor」です。このiLoudですがMIT STUDIOに導入してからエンジニア、コンポーザー、ディレクター問わずお客様から高評価をいただくことが多いです。ヘッドホンだけでなくこちらも使うことによって冷静に多方面からMixを確認することができます。

関連リンク:iLoud Micro Monitor公式ホームページ
関連リンク:ラジカセサイズのスピーカー「iLoud Micro Monitor」導入

いかがだったでしょうか。色々な作業パターンがあると考えるので一概に答えはありませんが、一つの参考になればと思います。Editのみの場合はオーディオインターフェイスとスピーカーは要らないのでさらにコンパクトに作業することができます。「PC1台で全て完結できる」という言葉も最近よく聞きますし自分なりの正解を見つけていければと思います。

個人的にテレワークを導入してみて感じたことは『小回りや融通がきくようになった』ということです。ただ仕事とプライベートの切り替えが難しいとも感じました(自宅なのでやる気スイッチが入るまで時間がかかります)。

MIT STUDIOではリモートレコーディングにも対応いたします。レコーディング、Edit、Mixなどのご依頼がありましたら、是非ご気軽にお問い合わせお待ちしています。

関連リンク:プロレコーディングスタジオが提供するリモートレコーディングの方法2パターンを解説

著者:加藤智明(音楽エンジニア)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る