TOP > TOPICS(更新記事一覧) > STUDIO > 新人レコーディングエンジニアの業務レポート~機材のセッティングや進行譜の準備について
  • STUDIO
  • 2020.11.09

新人レコーディングエンジニアの業務レポート~機材のセッティングや進行譜の準備について

はじめまして!今年の4月に入社致しました小島です。初めてブログを書かせていただきます。

高校生の頃からレコーディングエンジニアを志していたので、プロレコーディングスタジオ入社して、ようやくスタートラインに立てたという想いでいっぱいでした。触ってみたかったマイクやアウトボードに囲まれているだけでも毎日が楽しいです。新型コロナウイルスの影響でテレワークが続いていたので、遅れを少しでも取り戻そうと日々奮闘中です。

入社して約半年経った今、働いて感じている事や今までやってきたことについて書こうと思います!

アシスタントエンジニアのアシスタントとして業務に参加

現在私はアシスタントエンジニアのアシスタントという立場で現場に入れさせていただいています。基本的には掃除から機材のセッティングまで一通り準備をします。弊社には4つのスタジオがあり、コンソールや常設されている機材がスタジオごとに異なるため事前の確認は必須です。

使う機材が他スタジオと被り、台数が足りないという事故を防ぐために事前に使う機材を書き出しエンジニア間で共有もしています。プログラムが始まるとアシスタントエンジニアの動きを見て勉強しています。どのような動きをすれば円滑に進行する事が出来るのか、その動きをするために自分に足りていないのは何なのか…など日々考えています。自分が出来る事を考えるのではなく現場の状態を見て何が必要なのかを考えるのが非常に難しいです。

使う機材が他スタジオと被り、台数が足りないという事故を防ぐために事前に使う機材を書き出しエンジニア間で共有もしています。プログラムが始まるとアシスタントエンジニアの動きを見て勉強しています。どのような動きをすれば円滑に進行する事が出来るのか、その動きをするために自分に足りていないのは何なのか…など日々考えています。自分が出来る事を考えるのではなく現場の状態を見て何が必要なのかを考えるのが非常に難しいです。

セッティングをはじめ事前準備の意識、現場をよく見れる視野の広さ、正確かつスピーディなProToolsの操作技術を持ったアシスタントを目指し、日々精進しています。

機材や譜面の事前準備について

前述した通りアシスタントにおいて事前の準備はかなり重要です。準備は大きく分けて、機材のセッティングとProToolsのセッションの準備、そして譜面の準備の3つがあります。これらがスムーズに対応できるよう、テレワーク期間中は、以下の3つに取り組んでいました。

  • スタジオのコンソールについてマニュアルを見て機能を覚える。
  • スタジオにある機材の種類、台数を覚える。
  • ヴォーカルレコーディングを想定してセッションと進行譜を作成する。

コンソールをはじめ、機材は直接見たり触ったりしないと分からないことが多くありましたが、空いた時間に先輩方が機材について教えてくださり覚えることができました。

進行譜の重要性

また、レコーディングの現場ではその場にいる人全員が曲に対して共通の認識を持つ必要があるため譜面は必需品です。その譜面の中でも曲の構成と流れのみ書かれたものを進行譜と呼んでいます。

BPM、拍子、小節、AメロやBメロといったセクションなどを書いたものです全員に必要な物ですが、これがあるだけでアシスタントエンジニアの仕事のしやすさも変わります。局所的に確かめたい部分がある際にとても対応しやすいです。

「サビの◯小節から聞かせて!その後の○小節間は録り直したい!」など様々なことが起こり得ます。曲への理解度を高められ、仕事を素早く正確にこなすためにも(何より一緒に仕事をしている周りの方のためにも)譜面の準備はかなり重要です。

いかがだったでしょうか。まだまだ駆け出し故に今まで書いたことの中でも苦戦してしまうこともありますが、様々な経験をして日々成長できるよう頑張っています。辛いこともありますが、好きな音楽を仕事にできていることが何よりも嬉しいです。

エンジニアへの道のりはまだまだ遠いと思いますが、辿り着けるよう日々精進です!レコーディングエンジニアやプロレコーディングスタジオについて興味がある方の参考なれば幸いです。

著者:小島悠輔(音楽エンジニア)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る