TOP > TOPICS(更新記事一覧) > 機材紹介 > 無指向性マイク「Bruel & Kjaer model 4006」~用途や特性について
  • 機材紹介
  • 2020.09.09

無指向性マイク「Bruel & Kjaer model 4006」~用途や特性について

以前のブログでEarthworksのQTC40を紹介した際に名前をあげた Bruel & Kjaer (DPA)4006。その時は、QTC40の方がB & K4006よりリアルなサウンドを演出できるといいましたが、このB & K4006もプロユースのスタジオには高い確率で置いてある、QTC40にも引けをとらない本当にいいマイクロフォンです。

関連リンク:高感度の無指向性マイク「Earthworks QTC40」

今回はBruel & Kjaer (DPA)4006を紹介していきたいと思います。

Bruel & Kjaer (DPA)4006

B&K4006

B & K4006はこんなマイクロフォンです!このマイクも見た目がかっこいいです!いつも見た目がかっこいいしか言っておりませんが…。

用途や特性など

このB & K4006はMIT STUDIOでも非常に使用されることが多いマイクロフォンで、主にアコースティックな楽器(アコースティックギター、ピアノ、ストリングス、ブラスセクション、木管セクション、ハープなど)のレコーディングに使われています。

その理由として、B & K4006は低域から高域にかけて限りなくフラットな周波数特性を持っていることがあげられます。そして、収録時の回線的なノイズの量が少なく、とても好感度なマイクロフォンです。なので、近くの音を収録するときはもちろん、音源が少し離れた状況でも元の楽器の音の特性を損なうことなく収録ができます。

アコースティックギターやピアノ、ハープなどの単体の楽器には、オンマイク(メインマイク)として使用されることが多いです。オンマイクとして使用するときには、楽器から出ている音をその場で聴いているかのように忠実に収録することができます。

逆にセクション(ストリングスやブラス、木管、コーラス隊など)の収録には、ルームマイク(アンビエンスマイク)として使用されることが多いです。ルームマイクとして使用するときは、その部屋の響きを忠実に収録してくれる他に、低域から高域まで色付けが少ないのでセクション内の楽器ごとの音をうまくつなぎ合わせてくれる役割も果たしてくれます。

もちろん、単体の楽器の収録時にルームマイクとして使用しても、いい感じのルーム感を収録することができるのでオススメです。リバーブなどでは表現しきれない、その場の響きを再現することができ、ホールで聴いているかのような音の温かみを表現してくれます。ホールなどにも置いてあることが多いので、アコースティックな音の収録において信頼が高いマイクであることも伺えます。

QTC40とB & K4006どっちがいいマイクロフォン?

QTC40との違いとして、以前のブログでリアルさという表現をしていますが、レコーディングの現場において、必ずしもリアルであれば良いというわけではありません。

ルームマイクとして使用するときの例ですが、MIT STUDIOのブースの特性上、部屋の広さの割によく響き、響きの長さが短いです。QTC40はこうした部屋の特性をよりリアルに表現できますが、こうした部屋の響きがあまりみえてしまうと楽曲の世界観とマッチしない場合もあります。そんなときにB & K4006を使用すると、リアルだけどリアルすぎない音像を表現してくれると思います。あくまで個人的な意見です。

いかがだったでしょうか?MIT STUDIOでは、様々なサウンドに応じた機材をこれからも揃えていこうともいます。ぜひお問合せお待ちしております。

著者:金子創姿(音楽エンジニア)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る