TOP > TOPICS(更新記事一覧) > 機材紹介 > MIT STUDIOで使っている便利なプラグイン
  • 機材紹介
  • 2019.06.10

MIT STUDIOで使っている便利なプラグイン

みなさんこんにちわ、だいぶ初夏らしい季節になってきましたね。
今回のブログはエディターの岡本がお送りします。


さて、エディターのお仕事でもあるノイズの除去ですが、実はノイズには様々な種類があります。
「ぺちゃぺちゃ」と口と舌の動きでなる【リップノイズ】
「ギュー」と【ン】の発音で鳴ってします【鼻鳴り】
「ゴロッ」となる【喉鳴り】
他にも原稿が擦れる音のペーパーノイズや、
広いブースで収録した場合の反響なんかもあります。


こんな数ある種類のノイズをどうやってエディター陣は除去しているのかというと、ある有名なソフトを使用しています・・・
それは・・・・・定番中の定番 izotope社のRXです!

もはや説明不要なほど有名なノイズ除去ソフトの定番RXですが、その進化はとても凄まじいです・・・
現在RXは最新でRX7ですが、私岡本はRX3の頃から使用してました。
その3の頃に比べて新機能の追加量がかなり多く、今ではイントネーションを変更できたり、 MIX済みの音楽からボーカル”だけ”を消してインストにすることもできるようになったり!


もちろんノイズ除去の方も、自動で風の吹いた音や衣服の擦れた音、高音で聞いてると耳が痛くなる【歯擦音】なんかも綺麗に除去してくれます!
(ちなみに私は現在は5を使用しているので上記の機能が使えません・・・地道に手動で消 しています(汗))


しかし、あまりにも便利すぎて収録がうまくいかなくても
「これ、あの便利なやつで消せるでしょ?」
なんて発言があらゆる方面から言われたり・・・・
何事も便利すぎるとそれに頼りきりになってしまうのは人の性ですね・・・・

それでも、根底には作品のクオリティを上げたい!という心があるからこそ使ってしまうんですよね!
作品を大事にする気持ちは、何年経っても大事にしていきたいです。
それでは、今回は岡本がお送りしました。

著者:岡本 拓海(エディター)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る