TOP > TOPICS(更新記事一覧) > Introduction > 30周年記念 社員旅行 in 台湾【1日目】~行天宮・十分・欣葉本店
  • Introduction
  • 2020.02.19

30周年記念 社員旅行 in 台湾【1日目】~行天宮・十分・欣葉本店

MIT STUDIOを運営している㈱エムアイティギャザリングは、2020年2月22日に設立30周年を迎えます!30周年を迎えるにあたり、2泊3日で台湾へ社員旅行に行ってまいりました!

今回はその社員旅行の様子をお伝えします。初日は、サウンドクリエイティブの廣澤が担当します。

出国、そして台湾へ

2月7日 朝6時半に羽田空港に集合でした。早朝集合ということもあり誰かしら寝坊してくる人がいるのでは・・・と幹事がソワソワしておりましたが、誰も遅刻することなく集まることができました。全員楽しみにしていた証拠ですね!幹事一安心。

約3時間のフライトで無事、台湾の松山空港へ到着。こちらは軍民共用の空港なので撮影不可で写真は撮れず。やはり海外は日本のルールと違うところがあるんですね。

バスに乗り込み台北観光~ 行天宮から十分 へ

台北市内は曇りでしたが建物や色の使い方が日本とは全然違う作りをしているので見ているだけで楽しめます。

最初の観光スポット「行天宮」に到着。

「伝えたいことがあるんだ・・・神様」

三国志で有名な「関羽」ですが、関公(関羽)はここでは商業の神として奉られています。平日にもかかわらず、地元の方も熱心にお参りをしていました。

日本では、願い事は神社に行き、神様に成就するようにお祈りすることが多く、お寺でお願い事をすることは少ないかもしれません。台湾では神社はほとんどありませんので、お寺に行きお願い事をするそうです。スタッフ一同も熱心にお参りをし、お寺を後にしました。

台北市内からバスで一時間ほど移動し、十分に到着

十分(じゅうふん)も観光で有名な場所で、台湾ではランタンに願い事を書き、空に飛ばすと願いが叶うとされており、十分駅はそのメッカと言える場所です。あいにくの天候でパラパラと雨が降る中、スタッフも各々ランタンに願い事を書いて飛ばしました。

ランタンを飛ばしを終えた後は、十分駅や吊橋を少し探索しバスへ。

本場の台湾料理はやはり美味しい!

16時頃台北市内のホテルにチェックインし夕食会場へ向かいます。移動中に機内食は出たのですが、その後食事をする時間が設けられていなかったので皆のお腹はペコペコです。

欣葉本店という老舗のお店で旅行初の本場の台湾料理を堪能しました。空芯菜、角煮など日本とはちょっと違う味付けでした。

関連リンク: 欣葉本店

台湾ビールという地ビールがありとても飲みやすかったです。ジュース類も日本とは味が違いますね。

こうして1日目の観光は終わりました。旅行会社が紹介してくださったマッサージ店や、街で開かれている夜市、人によってはスタッフ同士で部屋に集まり騒ぐなど、それぞれが旅行初日を楽しみました。

今回が初めての海外旅行というスタッフも多く、多少不安があった社員旅行でしたが、楽しい初日を過ごしました!

さて2日目はまた次回。お楽しみに。

著者:廣澤 拓郎(サウンドクリエイター)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る