TOP > TOPICS(更新記事一覧) > STUDIO > ヴォーカルレコーディング中のトラブル解決~トークバックが故障した際の対処法
  • STUDIO
  • 2022.04.06

ヴォーカルレコーディング中のトラブル解決~トークバックが故障した際の対処法

今回はトークバックについてお話します。「トークバック」は収録スタジオになくてはならないものです。そのボタンを押している間だけ、コントロームルームとブースとで会話ができるようになりコミュニケーションが取れるのです。

もしもヴォーカルの録音にトークバックがなかったら?

1テイク終わるごとにブースの扉をあけて「今の良かったね!この調子でもう1テイクもらってもいいかな?」というやりとりをしに行かなくてはなりません。もしくは全員ヘッドホンをし、録音し始めたら物音を絶対に立てない、息も止める、パンチインのボタンを押す時もキーボードの音に気をつける。ということをしなくてはいけません。

普段、意識せず当たり前のようにトークバックを使っているけども、レコーディングを円滑に進められるその恩恵はかなり大きい。今回はそんなトークバックが故障した際の対応についてお伝えします。

トークバックが故障した際の対処方法~即席トークバック

先日ヴォーカルのレコーディングをしに行った時の出来事です。楽曲へのアプローチなどの打ち合わせも終わり、さぁやりますか!とアーティストさんがレコーディングブースへ入りました。声出しも終わっていて準備バッチリのようです。

ディレクター「じゃあ一度頭から曲を流してみますね」

ヴォーカリスト「・・・。」

ディレクター「もしもーし?」

レコーディングエンジニア「・・・もしやこれ、トークバックが聞こえていないのでは?」

確認してみると、やはりトークバックの回線だけ何かがおかしくて、こちらの声が届いていない様子。これはまずい。ヘッドホンの断線?Cueboxのせい?はたまたケーブル?それとも卓?他の要因?原因は色々と考えられます。

しかしさっきまで使えていた機能などが、急に使えなくなるなんてことは、レコーディング現場ではよくある話なので、ひとまず確認できるところだけチェック。すぐ復旧できない問題ということを確認し、とりあえず今この場を乗り切ることにシフト。「5分ください!」トークバックがないなら立てればいいじゃない。ということでとりあえずマイクを立てました。

適当なマイク

適当なマイクを、適当なマイクプリを通してProToolsへ。そして会話を聞きやすくするために、コンプレッサーで適当に音量をならします。そのアウトをCueboxの適当なインプットに入れてあげれば、即席トークバックの完成です。

適当なコンプレッサー

ただこれだとRECする時に、スピーカーからの音がトークバックにも乗ってアーティスト側にも聞こえてしまう。それだとアーティストが1テイクごとにトークバックのボリュームを上げたり下げたりしなければいけない。ProTools上で開け閉めするのはスピード的に現実的じゃないし・・・。開け閉めするのが大変なら自動化すればいいじゃない。というわけでそうしてみました。

セッション全体に信号(OSC)をひき、ProToolsが走ると同時にトークバックがダッキングされてレベルが下がるというものです。これはリモートレコーディングの時にもやってますね。

関連リンク:リモートレコーディングの方法~制作サイドがリモート参加だった場合

よし、これで全ての障害は取り去った!とりあえず一安心。滞りなくレコーディングが進んでいきます。そして、小休止タイムにディレクターさんから「このトークバックって手元でオンオフできないかな?」と相談がありました。

ですよね、そうですよね。わかります。何せ現状、こちらの会話がアーティストサイドに全て聞こえています。音質とかモニターバランスの話とか、ちょっとした雑談まで聞こえてたら、アーティストが集中できないですよね。そんな都合のいいものなんて・・・あります!

これはセレクターといってヴォーカルのテイクなどが複数ある時に、このボタンで瞬時にテイクを切り替えて聴けるという優れもの。今はProToolsの機能が進化して似たようなことができるので、使われる機会が少なくなっていますが、これじゃないと効率が悪い現場もまだまだあります。

このセレクターをProToolsとCueboxとの間に接続して回線を通す、または断線する、というのをディレクターさんの手元でやってもらうことにしました。通常の「押している間だけトークバックが繋がる」というものではなく、スイッチで切り替えるものなので、使い勝手が少し違いますが、この機能があるのとないのとではレコーディングの進めやすさにかなりの差がでました。

このような感じで今回はヴォーカルレコーディングを終わることができました。普段、普通に使っている機能が、こんなにありがたいものなんだなぁ・・・と、改めて感じるとともに、今までの作業の経験がどこで役にたつかわからないな、と思った出来事でもありました。基礎があってこその応用ですね、ほんとに。いやー、本当になんとかなって良かった。

このような感じで、こんな時ってどうしたらいいの?またはどうしたら良かったんだろう?といった相談など何かあればお気軽にお問合わせください!何かの手助けになれば幸いです。MIT STUDIOは急なトラブルでも、しっかりと対応いたします。ぜひお問合せお待ちしております。

著者:加藤智明(音楽エンジニア)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る