TOP > TOPICS(更新記事一覧) > STUDIO > 【初級者向け】Pro Toolsの重要度別ショートカットキーをご紹介
  • STUDIO
  • 2020.05.27

【初級者向け】Pro Toolsの重要度別ショートカットキーをご紹介

Pro Toolsにはあらゆる機能が備わっており、その分ショートカットキーも多く設定がされております。そのショートカットキーを覚えれば、収録現場や編集作業でスムーズな仕事運びができ、時間短縮にもつながります。今回は初級者向けのPro Toolsの重要度別ショートカットキーを紹介いたします。ちなみにMac想定でのショートカットとなっております。


まず最初にショートカットキーを使う上で、編集画面のスクロールバー右上にaとzが四角で囲まれたアイコンが黄色くなっているか確認してください。これはキーボードフォーカスと言って、これがONになっていないと一部ショートカットが使えないことがあります。

Pro Tools重要度別ショートカットキー

【★★★】

  • [⌘+S] セッションの保存
  • [R] 縮小
  • [T] 縮小
  • [Space] 再生+停止
  • [shift+R] Recスタンバイ
  • [shift+S]トラックのソロ
  • [shift+M] トラックのミュート
  • [(テンキー)3] 録音

上記8つは特に使用頻度が高く、最低限この8つは覚えておかないといけないくらいのショートカットキーです。特に[⌘+S](セッションの保存)は少し作業したら押す癖をつけておくと良いでしょう。Pro Toolsには自動バックアップ機能が付いておりますが、その機能を過信しすぎると後悔することがあります。

【★★☆】

  • [A] カーソル位置から前を削除
  • [S] カーソル位置から後ろを削除
  • [B] クリップの分割
  • [X] 選択範囲をカット
  • [C] コピー
  • [V] ペースト
  • [Z] 取り消し
  • [D] カーソル位置までフェードイン
  • [G] カーソル位置からフェードアウト
  • [⌘+M] クリップミュート

編集する上での特に知ってほしいショートカットキーです、全体的に編集するショートカットキーは左に寄っているので、このショートカットキーをキーボードを目視せず押すことができれば、かなり早く編集作業ができるでしょう。
ただ慣れないうちは押し間違いが出ると思うので、まずは自分がよく使うショートカットキーを目視でしっかり押して覚えましょう。

【★☆☆】

  • [⌘+N] 新規セッション作成
  • [shift+⌘+N] 新規トラック作成
  • [shift+option+I] セッションのインポート
  • [shift+⌘+I] オーディオのインポート
  • [shift+⌘+K] オーディオのエクスポート
  • [Ctrl+↑or↓] トラック拡大&縮小
  • [option+⌘+@or[ ] 波形の拡大&縮小
  • [shift+Ctrl+↑or↓] クリップゲインの調整
  • [<or>]ナッジの数値分クリップの移動

セッション周りはタブから選択して実行する方も多いと思いますが、ショートカットキーを覚えればより素早い作業が行えます。特にインポートやエクスポートなんかは特に使う機会が多くなると思います。拡大縮小周りも覚えておけば自分で編集しやすい環境を瞬時に整うことができるので覚えておいて損はないと思います。

今回は初級者向けの個人的に特に重要ではないかと思うショートカットキーを紹介させていただきました。言ってしまえば、ショートカットキーを全て覚えることが一番良いと言えますが、実際全てのショートカットキーを覚えてそれを使いこなすのはなかなか大変なことだと思います。まずは自分がよく使うと思うショートカットキーを覚えて少しでもPro Toolsになれるようにしていきましょう。

著者:岡本 拓海(エディター)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る