TOP > TOPICS(更新記事一覧) > BLOG > もののけ姫のアフレコ@MIT STUDIO~1st(STUDIO1)でのナレーション収録について
  • BLOG
  • 2019.09.17

もののけ姫のアフレコ@MIT STUDIO~1st(STUDIO1)でのナレーション収録について

「もののけ姫」のアフレコに MIT STUDIOが使用されました!

MIT STUDIOでは普段、音楽作品のレコーディングやラジオCM・ゲーム音声の収録などを主に行っておりますが、アニメ作品のアフレコにも対応可能でございます!一例として、過去にMIT STUDIOで収録したアニメ作品である「もののけ姫」についてご紹介いたします。

下の動画はYouTubeに上がっているアフレコ風景の動画です。 10年以上前の1997年の作品ですが、弊社の1stで収録を行っております。動画の 0:53~ 辺りからの背景に緑の部分が映り込んでいるのが1stです。(ちなみにMIT STUDIOは今年で29年になりました…来年2月で30周年‼)

0:53~MIT STUDIO 1st

Twitterでも以下のように、もののけ姫の収録映像にものすごい数の「いいね」をされています!

https://twitter.com/jobasannn1/status/1055792110262116353

お前にサンを救えるかっ!!

動画で使用されているスタジオは、普段は音楽スタジオとしてご案内しております1stです。MIT STUDIOでは一番広いスタジオで、リズムやストリングス・ピアノのレコーディングで主にご案内しているスタジオです。 ですが、ご要望によってはアフレコやナレーション収録にも対応いたします。

関連リンク:STUDIO1(スタジオ1) – 室内画像・見取り図・機材リスト

もののけ姫でのアフレコ収録では、メインフロアを大きく使っての収録ですが、基本的にはブース2を使用しての収録をご提案しております。

コントロールルーム、卓越しにみたブース1(左)・ブース2(右)
サウンドロックからみたブース1(左)・ブース2(右)

コントロールルームから離れていますが、ブース内に取り付けてあるカメラを使用してコントロールルームからブース内を確認することが可能です。サウンドロックの扉上にモニターが設置してあります。

卓越しに見たブース2内カメラのモニター
モニターを拡大したもの

またMAスタジオである3st・5stをご希望されているにも関わらず埋まってしまっている場合、普段音楽スタジオをしてご案内している1stをご案内する場合がございます。コントロールルームからブースまで距離がありますが、このようにブース内を確認することができますのでご安心下さい。

1stブースは少々天井が高いのですが、録音はMAスタジオ3st・5stと変わらないクオリティで録ることが可能です。同じタイトルを1st・2st・3st・5stをローテションして収録しているお客様も多くいらっしゃいます、NaとVo録りを続けて行いたいというお客様の要望にも対応可能です!

田町駅・三田駅から徒歩5分程の立地のレコーディングスタジオですので、是非お問い合わせ下さい。

音楽:03-3454-4996
DB:03-3454-3996

関連リンク:スタジオジブリ「もののけ姫」

著者:山中 洋介(ブッキング)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る