TOP > TOPICS(更新記事一覧) > BLOG > STUDIO1(1st)の定期メンテナンス~機材の修理やクリーニングなど
  • BLOG
  • 2020.02.05

STUDIO1(1st)の定期メンテナンス~機材の修理やクリーニングなど

プロユースのレコーディングスタジオたるもの、スタッフの仕事のクオリティを高くすることも重要ですが、使用していただく各種レコーディング機材が壊れていたり状態が悪くては、気持ちよく使い続けていただくことができません。MIT STUDIOでは、お客様に常に良い状態でレコーディング機材を使用していただくために、様々な会社に協力していただいております。

イコライザー、コンプレッサーなどのアウトボード機材や、マイクロフォンなどの修理、メンテナンスは「スタジオシステムラボ」さんに、コンソールなどの修理は、製造元の「ソリッドステートロジックジャパン」さんにお願いしております。

修理・メンテナンス先

また、壊れてからの修理だけでは、細かい状態の変化まで対応していくことができません。レコーディングスタジオは意外とホコリもたまってしまうため、それをそのままにしておくと、機材の故障の原因になりますので、MIT STUDIOでiは定期的に、各スタジオのメンテナンスを行っております。

今回は第1スタジオ(STUDIO1)の定期メンテナンスについてご紹介します!

関連リンク:STUDIO1

メンテナンス時は普段手の届かないところも掃除

MIT STUDIOでは、毎朝作業前にスタジオの清掃をしておりますが、メンテナンスの日には普段手の届かないところまで掃除をしております。例えばこの部分です。

第1スタジオ サウンドロック部分

第1スタジオの特徴でもある、コントロールルームからブースまで見渡せるガラス扉。使っているとどうしてもガラスがくすんできてしまうため、このようにしてスタジオ内のガラスを全て拭き掃除しています。もう一つ普段掃除できないところといえば、コンソールです。コンソールはこう見えてつまみやスイッチの隙間にホコリがたくさん溜まってしまいますので、こんなふうにコンソールも掃除機がけをします。

SSL SL4064G 内部清掃の様子

これで中までピッカピカです!この他にも、スタジオ内エアコンのフィルター清掃やケーブル磨き、備品の数のチェックなど、日々の作業では手の行き届かないところまでメンテナンスをしております。

関連リンク:ミキシングコンソール~SSL SL4064G@STUDIO1&2

これぞプロの業!フェーダーのクリーニング

定期メンテナンスでは「スタジオイクイプメント」さんに来ていただき、細かい機材の修理やクリーニング、メンテナンスをお願いしております。その中で今回は、フェーダーのクリーニングをご紹介いたします。言葉で説明するより動画でお見せしちゃいます!

SSL SL4064G フェーダー部分のクリーニング

ざっくり手順を説明すると、下記ような感じになっております。これぞプロの業です!

  1. モジュールからフェーダー部分を取り外し、分解。
  2. フェーダーの抵抗(青色のカード)とフェーダーのスライド部分をアルコールで拭きます。
  3. フェーダーオイルを塗布。
  4. モジュールにフェーダーを戻していきます。

関連リンク:株式会社スタジオイクイプメント

いかがでしたでしょうか?普段はなかなかお見せすることのないところをご紹介いたしました。MIT STUDIOではお客様に気持ちよくご利用していただくために、今後も丁寧にメンテナンスを行っていきます!

著者:金子 創姿(音楽エンジニア)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る