TOP > TOPICS(更新記事一覧) > STUDIO > プロレコーディングスタジオのこだわり~ケーブル配線について
  • STUDIO
  • 2020.12.15

プロレコーディングスタジオのこだわり~ケーブル配線について

今回は、主にナレーション収録等で使われるMIT STUDIOの、第3スタジオ、第5スタジオ内でのケーブルの配線をご紹介いたします。

収録スタジオでは様々な機材を使用しており、それらを繋ぐため数多くのケーブル類がスタジオ内を行き来しています。そのケーブル類を繋ぐ際にMIT STUDIOでは、スタジオをより美しく綺麗に見せるため、ケーブル部分を極力見せない配線を行っております。

第3スタジオの場合

■ディレクター席周辺の配線

配線のこだわり

この写真はディレクター机の後側から撮影したものですが、周りについている様々な差し口。これらもそれぞれスタジオ内の他の場所と繋がっております。

配線のこだわり

ディレクター机の下側を見てみると、数多くのケーブルがあります。このケーブル達は机の隙間を通り、スタジオ内の床の下を這わせて別の場所へと繋がっています。

第5スタジオの場合

■ディレクター席周辺の配線

配線のこだわり

第5スタジオも床に穴をあけ、そこからケーブルを通し、ディレクター机の裏からケーブルを這わせ、ケーブルをばらつかせないようまとめております。第3スタジオ同様、このように私たちの目に見えない所で配線をする事によって、より美しいスタジオ、お客様が使いやすいスタジオになるよう心掛けております。

機材関連の配線

■ディレクター席以外での配線

配線のこだわり

こちらのCDプレーヤー等なども後ろからケーブルを伸ばし、裏を通って繋がった配線をしておりますので、CDを入れるとパッチ盤を繋ぐだけで、ミキサー卓を通してスピーカーから音を聞くことが出来ます。

■マイクのヘッドアンプ

第3スタジオ、第5スタジオは、マイクのHA(ヘッドアンプ)がブース内にあります。その理由も配線を美しく見せるためです。ブースからケーブルを這わせてしまうと、距離的に動線をふさいでしまう恐れもあるため、MIT STUDIOの第3スタジオ、第5スタジオのHA(ヘッドアンプ)は収録ブースの中に配置し、コントロールルームからは見えないところで配線しております。

いかがでしたでしょうか?ここではまだ紹介できていないコンソール裏の配線など、日々使っているレコーディングスタジオの中にはたくさんのこだわりがあり、たくさんの工夫と気遣いを感じることができます。

これからもMIT STUDIOはお客様の事を第一に考え、より良いスタジオを目指していきます。お問い合わせお待ちしております。

著者:根津菜緒子(MAアシスタント)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る