TOP > TOPICS(更新記事一覧) > STUDIO > 音響効果の音加工について~映像に付ける音はシチュエーションが重要
  • STUDIO
  • 2020.07.28

音響効果の音加工について~映像に付ける音はシチュエーションが重要

今回は、音響効果における音の加工についてご紹介したいと思います。ただこれだけでは漠然としすぎていて何の事やら分かりませんので、少し説明をさせて頂きます。

音というのは、発生源があり、空気が振動し、様々な反射や減衰を経て私たちの耳に到達します。平たく言うと、近くで聞こえる音と遠くで聞こえる音は違うという事です。また、距離感だけではなく外で聞こえる音と例えば体育館で聞こえる音は違います。知識はなくとも、自らの体験で皆さんも自然と感じていることだと思います。

音響効果で重要な要素の一つとして、音を馴染ませるという事があります。特に映像に付ける音はシチュエーションがとても重要になってきます。効果音だけでなく、実は音楽も多少加工することもあります。テレビやドラマ、映画等で耳にしている事も多いはずです。

加工の使用例

ご説明だけではピンと来ないかと思いますので、いくつかの使用例を作成しました。お時間がある方は是非元の音と比較して聞いてみて下さい。まずは足音の加工の例をお聞き下さい。

【元音】

【パターン1】

元音を聞いて頂ければ分かるように、元音はかなり近いです。なので、足のアップや足音に印象を付けたい場合以外では大体このような加工をします。今は背景音を付けていませんが背景音があればだいぶ馴染みます。

【パターン2】

室内や洞窟等の密閉空間はリバーブ(反響)を足す事が多いです。広ければ広いほどリバーブタイムを長くします。余談ですが、音も物質のようなもので、固い壁はよく跳ね返り、柔らかい壁はよく吸収(減衰)します。

引っ越し等で、何も無い部屋ではよく声が響き、荷物が増えるにつれ響かなくなった経験はございませんか?荷物が増えると、反射する箇所も増えますし音を吸収する柔らかい物も増えるので、反響しにくくなるんですね。

【パターン3】

これは、壁を隔てた向こう側から聞こえているように感じませんか?簡単に言うと、音の成分の中でも高音はこちらの耳に届くまでに消えてしまい、低音だけが残っている状態になります。

続いて、曲でも同じような加工をする事がありますので、ご紹介致します。

【元音】

【パターン1】

こちらは店内BGMにも使えそうな加工です。とはいえ、何の店か、どういう環境かによってそれぞれ変わってくるのですが、基本的に音の周波数帯域を狭めて音質を悪くします。考え方は先ほどご紹介した足音とほとんど同じです。

【パターン2】

これは通りすがりの車でなってそうな音ですね。色々な理論はありますが、何にせよ一番大事なのは自分の経験をいかに想像できるかです。最後に、EQ(イコライザー)とリバーブを使って、車が通り過ぎる音をもう少しリアルに作ってみましたので、お聞き下さい(環境音や他の効果音も足しています)。

いかがでしたでしょうか。MIT STUDIOではこのような音響効果の仕事も受け付けております。我々もこの奥深さに日々精進しながら仕事を楽しませていただいています。今後も何か面白い事を皆さんと共有できれば幸いです。

興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

著者:田淵 健太(EDITOR)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る