TOP > TOPICS(更新記事一覧) > 機材紹介 > NEVE Electronics社製マイクプリアンプのご紹介
  • 機材紹介
  • 2020.05.02

NEVE Electronics社製マイクプリアンプのご紹介

音をマイクで収録する際、必ず必要となってくるマイクプリアンプ。さまざまな種類の物がある中でも、今回は何十年も世界中で使われ続けているNEVE Electronics社のマイクプリアンプについてご紹介いたします。

マイクプリアンプとは?

元々はミキシングコンソールに備え付けられ、HA(ヘッドアンプ)とも呼ばれています。代表的なものにSSLやApi、そして今回ご紹介するNeveがあり今ではマイクプリアンプ単体で見られるが多いですが、これもミキシングコンソールからHA部分を抜き出した物になります。

音を出す機械の出力レベルにはマイクレベルとラインレベルの2つ種類があり、ラインレベルにはシンセサイザーや電子ピアノなど、マイクレベルはそれに比べてとても小さい出力の物を指します。このとても小さいマイクレベルを一定の大きさまで増幅させる機械をマイクプリアンプといいます。マイクプリアンプは現在、技術が発展して入力された音に影響をほぼ与えないまま増幅することができる物が多く発表されています。

しかし、Neveの中でも特に有名な”Neve 1073″を搭載したミキシングコンソールが設計されたのが1970年代です。なぜ、そんな大昔の機械が未だに良いとされているのか。

歪みによる変化

マイクプリアンプなど増幅を行う機械は音が入力されて出力されるまでに様々な電子部品を通過します。この過程は入力された音を変化させます。これが歪みです。そしてこの歪みがマイクプリアンプの個性になります。Neveはよく音が太くなると言われますが、これも歪みによってもたらされます。

Neveの特色

Neveと言ってもOldの物から製造が停止したOldのものに似せたコピー品など様々な物がありそれぞれ名前はNeveでも違った個性を持ち、それらを通って出力される音もまた違ってきます。

“Neve 1073 MicPre/EQ”

やはりNeveといえばこれじゃないでしょうか。音を真似して作られたプラグインやコピー品もNeveの中で1番多く作られています。

“Neve 1066 MicPre/EQ”

1073と同じくらい有名で、基本的な回路は同じですが1073とはEQの周波数が違います。1073より前に製造されとても希少価値の高い物になっています。

Neve系マイクプリアンプ

本物のNeveの音は本物でなければ出せません。本物は非常に希少なため1chだけで7桁万円程します。とても高価ですね。しかしNeveの創設者、Rupert Neve氏が監修しているAMS Neveやこの他にも各社Neveを模倣したプリアンプが製造されています。本物と全く同じではなく、それぞれに違った解釈を持っています。

AMS Neve 1073 DPD

先述の通り、創設者Rupert Neve氏が監修をしているマイクプリアンプになります。本物とは全く違う音ですが、こちらも創設者が監修しているだけあり本物とはまた違った素晴らしい音になっています。

関連リンク:NEVE 1073DPD サウンドハウス

AURORA AUDIO GTQC

このマイクプリアンプ、なんと初期の1073の開発の際にエンジニアとして関わっていたGeoff Tanner氏が設計を行なっています。評判もとてもよく、本物に1番近いのはこのマイクプリアンプと言われています。

関連リンク:AURORA AUDIO GTQC サウンドハウスリンク

Neveのマイクプリアンプは長年愛され続け、数えきれないほどの楽曲に使用されてきました。しかし、一概にNeveが絶対ということもなく印象にとらわれず様々な音色の機材を使いベストな音にすることが1番です。それでも、筆者はNeveが1番好きです。

弊社スタジオにもNeveのマイクプリアンプをご準備しています。是非、ご利用下さい。お問い合わせお待ちしております。

著者:著者:柘植裕生(音楽アシスタント)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る