TOP > TOPICS(更新記事一覧) > MIT CREATIVE > ゲーム内音楽の楽曲制作(英詞)~お問合せから納品までの流れ
  • MIT CREATIVE
  • 2022.10.20

ゲーム内音楽の楽曲制作(英詞)~お問合せから納品までの流れ

今回は、某ゲーム内音楽の楽曲制作の流れについて、簡単にですがご紹介いたします。常連のゲーム会社様から、以下のようなお問合せを頂きました。

「今回、英語Voの盛り上がる系の楽曲を作ってほしい」

楽曲制作から納品までの流れ

MIT STUDIOにご発注いただいた内容

  • 作詞作曲
  • ミュージシャン手配
  • スタジオ・エンジニア手配

このようなお問い合わせをLINEで頂きました。最近はLINEでのお問い合わせが非常に多くなってきております。

作曲家の検討

今回は曲先での制作でした(詞先の時もあります)。何度か先方とお打ち合わせをし、方向性を決定いたしました。EDM系を作ってほしいということになったので、今回は弊社の針生が担当することになりました。

関連リンク:針生 将宏

初稿で3パターン程度の候補をクライアント様に選定頂き、ブラッシュアップしていきます。今回のスケジュール感は以下のようになりました。

打ち合わせ

初稿(1.5週間後)

2稿(1週間後)

楽曲FIX(1週間後)

案件によりスケジュールが異なると思いますので、上記はあくまで一例としてお考え下さい。アレンジのオーダーによっては、更に数週間延びる場合もございます。もちろん短納期もお引き受けしておりますので、お気軽にご要望をお伝えください。

作詞家・ミュージシャンの手配

外国人のミュージシャンが登録している協力会社様の力をお借りし、作詞を依頼しました。歌い手も同会社にお願いして歌唱サンプルを確認します。その中から3名ほどピックアップし、弊社作家にも確認しつつクライアント様に提出。イメージや曲と合っているかなどを確認してもらいます。作詞のスケジュール感は以下のようになりました。

打ち合わせ

初稿、作詞FIX(1週間後…この時点で仮歌を入れております)

今回は英語歌詞だったこともあり、1発OKでした。一安心です。

本番レコーディングのスケジュール調整

作詞まで終わったら、次は歌い手・スタジオ・エンジニアのスケジュール調整に入ります。外国人シンガーが人気な方だったので、スケジュール調整に苦慮しましたが、作詞が終わってから2週間ほどで無事スタジオ収録をすることが出来ました。

現場で「コーラスの人数感足りないな―」という話になり、作家の針生・濱田がコーラスを足しました。

今回はMIXまでを、弊社エンジニア加藤が担当いたしました。レコーディング後、そのままヴォーカルエディットとMIXをして、当日中に完パケさせ納品となりました。クライアント様にも「いい曲が出来て大変満足した」と、ありがたいお言葉を頂戴いたしました。 

ゲーム内だけでなく、「色々なところで使いたいなー」など、様々なご要望を頂け、弊社としてもうれしい限りでございます。このような楽曲制作も、弊社は受注し対応、制作しております。声優・アーティストなどの手配、スタジオ利用、エンジニア派遣など、音にまつわる音響、楽曲制作全般をお受けできますので、何かお困りのことがございましたらMIT STUDIOにお問合せくださいませ。まずはお気軽にご相談ください。

今回は、某ゲーム内音楽の楽曲制作の流れについてのご紹介でした。現場でお会いできることを楽しみにしております。

著者:重田 洸一(営業)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る