TOP > TOPICS(更新記事一覧) > MIT Artists > 渡辺英樹 逝去後5年の還暦イベント『ヒデキカンレキ!祭り』ライブレポート
  • MIT Artists
  • 2020.07.19

渡辺英樹 逝去後5年の還暦イベント『ヒデキカンレキ!祭り』ライブレポート

C-C-Bのリーダー・ベーシストの渡辺英樹がこの世を去ったのが、2015年7月13日。あの日から5年、生きていれば60歳還暦の年。

2020年7月13 日「ヒデキカンレキ!祭り」が新宿BLAZEにて行われました。

ステージ上には、渡辺英樹愛用のFreedom Custom Guitar Research RRBのベース。そしてその傍に還暦の祝いの真っ赤な法被が置かれ開場の時間を待つ。

渡辺英樹の仲間、C-C-Bのメンバーである、

  • 笠浩二(ドラムス・ボーカル)
  • 米川英之(ギター・ボーカル)
  • VoThM(ヴォズム)の丸山正剛(ギター)
  • 三喜屋・野村モーター’s BANDの野村義男(ギター・ボーカル)
  • 五十嵐公太(ドラム)
  • 寺沢功一(ベース)

らが勢ぞろい。渡辺英樹のボーカル(ベース演奏)の映像をステージ後方のスクリーンを使用して蘇らせ、各バンドが渡辺英樹の映像(音源)に合わせてセッションする。懐かしい楽曲と歌声、在りし日の姿、気心の知れたメンバーの演奏、渡辺英樹がそこにいるかのように(いや、いたと思う)彼の存在を感じる「ヒデキカンレキ!祭り」となりました。

渡辺英樹

渡辺英樹はC—C—Bの前身のCoconut Boysのボーカル・ベース・リーダーとして1982年にマイナーデビュー(メジャーは翌年1983年)。その後バンド名を略称のC-C-Bに変更。

1985年「Romanticが止まらない」(3枚目のシングル)が当時のTVドラマ「毎度おさわがせします」の主題歌となり大ヒット。続けてリリースしたシングル『スクール・ガール』『Lucky Chanceをもう一度』『空想Kiss』などが立て続けにヒットし大ブレイク。80年代を代表する誰もが知るバンドとなった。

その後ソロでは様々なバンドに参加、特に盟友野村義男との「野村義男BAND」「三野姫」「三喜屋・野村モーター’s BAND」のベース・ボーカルを務めるなど欠かせない存在となる。C-C-Bの復活LIVE TOUR直前に、大動脈解離により入院、治療の甲斐なく55歳で亡くなった。

「ヒデキカンレキ!祭り」@新宿BLAZE

その5年後、貴重な「ヒデキカンレキ!祭り」の会場に来られたファンは限定100名のみ。ライブ会場はコロナ禍のガイドラインに沿って入場時にはフェイスシールドを全員に配布、その下にはマスクの着用義務、手元の消毒、距離を十分にとった並びの椅子席、ファンの声援、掛け声なし。

各バンドの転換時には15分以上の換気として会場の全ての扉を開放するなど、コロナ禍のライブ・イベントでは定番になりつつあるスタイルでの開催。超プレミアムチケットを手に出来なかったファンの為には、有料生配信も行われ会場のみならず、ネット環境下の各々のファンが渡辺英樹の還暦を祝い楽しみました。

  • 18時30分客入れ
  • 19時、開演
  • オープニング
  • M1 WALKIN’
  • M2 Lucky Chanceをもう一度
  • 換気
  • VoThM登場
  • M3 WELCOME
  • M4 「A」からはじまる
  • M5 愛し合うために行こう
  • M6 それじゃあのゴッホをちょうだい
  • M7 ソドミスト
  • M8 STAR
  • 換気
  • 三喜屋野村モーター’s BAND登場
  • M9 Sunset Blues
  • M10 Billy 24
  • M11 Hot-Blooded Lady
  • 換気
  • C-C-B登場
  • M12 原色したいね
  • M13 Rainy Farewell…アメノチワカレ
  • M14 恋文(ラブレター)
  • M15 笑顔のままで
  • M16 Velvet Touch
  • M17 Helter Skelter
  • M18 Jokeじゃなしに I Love You
  • 換気
  • 出演者全員の登場でアンコール
  • M19 B・I・N・G・O
  • M20 信じていれば

全20曲。約120分のライブでした。

著者:小野知久(MIT Artists 制作部)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る