TOP > TOPICS(更新記事一覧) > STUDIO > ドラマCDの音声収録を担当~複数人同時収録の方法やメリットについて
  • STUDIO
  • 2020.03.11

ドラマCDの音声収録を担当~複数人同時収録の方法やメリットについて

以前のブログに引き続き、今回も謎多きレコーディングの一部を紹介できれば!と思っております。

関連リンク:ゲームの内容で異なる音声収録時の声優さんの体勢について

先日MIT STUDIOの第1スタジオで、【HANDEAD ANTHEM】のドラマCDの収録を行いました。エンジニアは私、林かほる、アシスタントは弊社の山下華鈴が担当いたしました。

関連リンク:【公式】HANDEAD ANTHEM(ハンデッドアンセム)【ハンセム】

1stは通常、音楽案件の収録でドラムやピアノなどを収録する広いスタジオですが、このようにドラマCDやゲームボイス収録などの複数人同時収録を行うことも可能です。

メインフロアを使っての4人同時収録の風景

関連リンク:もののけ姫のアフレコ@MIT STUDIO~1stでのナレーション収録について

今回収録は5名の声優さんで、4本のU87aiというマイクで収録を行いました。内訳ではメインキャラが4名でモブが1名(基本はそれぞれ声優さんに決まりのマイクがあり、モブの方は兼用していただきました)。

約40分ほどのドラマで、収録の流れは下記過程を繰り返します。

  1. マイクテスト(キャラ・収録レベルなどの確認)
  2. シナリオの区切りの良い部分まで収録
  3. 気になる部分をリテイク・修正

今回は全員揃っての収録でしたが、毎回揃って収録するのはなかなか難しいのも現状です。では、合わせて収録すること、のメリットデメリットとは?

メリット

  • 掛け合いながらの収録なので、会話のテンポやアドリブが生きてくるところ。
  • 声優さん達がイキイキして楽しそうなところ。(←ここ重要!)

デメリット

  • 台詞が被ってしまうこと。
  • 同じ空間で収録しているため、前の台詞に被ってしゃべってしまうと他のマイクにも音声が入ってしまうこと。

なぜ音が被るとよくないかというと、編集時に台詞と台詞の間をズラすことができなくなるからです。(※作品によっては全然被って良いものもあります!!)

台詞の食いつきを早くしたり、間を作りたかったり、SE/効果音との兼ね合い、場面転換など、被っていると処理できなくなることもありますので、その時は収録時に被らないようにとお願いする場合があります。

では、エンジニア(林)はどちらの収録方法が良いかというと…断然、同時に収録することがいいですね!

みなさんそうだと思いますが、単独収録だと、前後の流れを考えながら収録を行いますが、全員だとその場で掛け合えるのでお芝居が生きてきますよね。

掛け合い台詞の間合い

1人1人で収録する時は、各キャラの間合いは収録後に編集で作っていきます。間合いを決めるときは、なるべく声優さんの演技を汲み取って間合いを作りますが、やはり掛け合いでやるときの生感は収録時に生まれるんだなとつくづく思います。

最後に…お客様から「複数人で収録できるスタジオが足りない」ということをここ数年よく言われていますが、MITSTUDIOでも複数人で録れるよう、ご用意しております。気になった方や、実際にスタジオを見たい・見学されたい方がいらっしゃいましたら、どうぞお問い合わせください!!

著者:林 かほる(MAエンジニア)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る