TOP > TOPICS(更新記事一覧) > 機材紹介 > 音楽スタジオで使用するモニタースピーカーの名機~YAMAHA NS-10M
  • 機材紹介
  • 2020.04.01

音楽スタジオで使用するモニタースピーカーの名機~YAMAHA NS-10M

YAMAHA NS-10Mは1978年に発売されて以降、業界標準であり続けているモニタースピーカーの名機。スタジオではテンエムやテンモニと呼ばれています。今回はそんなスタジオ定番スピーカーの”YAMAHA NS-10M”についてご紹介いたします。

モニタースピーカーとは?

YAMAHA NS-10Mなど音楽スタジオで使用されているスピーカーはモニタースピカーと呼ばれ、原音を忠実に再現することを目的として作られています。一般的なスピーカーとは違い音楽を快適に聴くよりエンジニアが正しく音を判断するためのスピーカーです。音楽スタジオには大きく分けて2種類のモニタースピーカーがあります。

ラージモニタースピーカー

音楽スタジオの壁に埋め込まれていたり置いてある大きなスピーカーがラージスピーカーです。このスピーカーは主にブースで鳴っている音をそのままコントロールルームで再現するために使われ、音のおおまかなディティールをこのタイプのスピーカーで決めます。ドラムなどの大きい音の楽器の音量感、音圧感は小さいスピーカーでは再現できないため、この大きさのスピーカーになりました。

1st Westlake Audio TM-3
2st GENELEC 1034A

ニアフィールドモニター

ラージスピーカーはとても大きな音を出すことが可能ですが、大きすぎて細かく聞き取れない部分が出てきます。そんな時に使用するのがニアフィールドモニターです。主にノイズのチェックに使用されます。YAMAHA NS-10Mもこれに分類されます。

MIT 2st NS-10M Studio

アクティブ、パッシブ~電源供給の違い

スピーカーは電源の供給でも2つの種類に分けることができます。 具体的な違いはスピーカーを鳴らすために電気信号を増幅するアンプがスピーカーに内蔵されているかいないかです。

アクティブタイプ

アンプが筐体内部に備え付けられており、電源ケーブルをつなぐことで使用することができます。

パッシブタイプ

アンプを別に用意する必要があります。
YAMAHA NS-10Mはパッシブのスピーカーになります。

以前はアクティブタイプのスピーカーは比較的安価で小型なものが多かったため音が悪いという印象がありましたが、今では技術も向上し省スペースなためエンジニアの持ち込みのスピーカーはアクティブタイプがほとんどです。

パッシブスピーカーは別のアンプを用意しないといけないため接続が複雑になりスペースを必要としますが、アンプの性能によっては出力が高く、比較的音質がいいのが特徴です。また物によって出力する音質が違い、組み合わせるスピーカーで音が変わり自分好みのカスタマイズができるのも魅力のひとつと言えます。

時代が進むに連れてスピーカーはどんどんクオリティが高いものが製造されてきました。

高級なものだと数百万円を超えるスピーカーまでありますが、1978年に発売されたYAMAHA NS-10Mは大きいサイズのスピーカーが一般的だった時代に低価格で小型の若者スピーカーとして発売され、当時はペアで約5万円だったそうです。

YAMAHA NS-10Mの種類

NS-10Mは無印の他に様々な種類があります。その中から有名な2つをご紹介します。MIT STUDIOにはNS-10M Studioのみご用意しております。

YAMAHA NS-10M Studio

YAMAHA NS-10M Studio

エンジニアの好みによって縦置き、横置きを使い分けて使われていますが、当時は横置きのスピーカーとして売られていたようです。元々一般向けに発売されていた無印のNS-10Mをスタジオ用として使えるように改良したモデルです。

YAMAHA NS-10M PRO

縦置き用に開発されたものでロゴの向きも縦置きで見やすい向きになっています。 NS-10M Studioを家庭用として改良したモデルです。Studioとの違いはツイーターに貼ってあるフェルトの大きさが違い、これは高音域に対して影響してきます。

YAMAHA NS-10M PRO
(YAMAHA History of Speakerより引用)

無印のNS-10Mが高音域が出すぎると言われており、StudioとProのバージョンではこれが改良されています。

そんなYAMAHA NS-10Mも2001年 ワシントン条約によりスピーカーに使われていた材料が廃盤になってしまい製造中止になってしまいました。しかし今でも需要があり中古では未だに多くで取引されています。

そんな中、本家NS-10Mを開発したYAMAHAを含め、各社が後継機種となるようなスピーカーを開発し発売しています。

主な後継機種

YAMAHA HS Series

見た目もそっくりな本家YAMAHAから出ているパワードタイプのスピーカーです。

Avantone CLA-10

このスピーカーはあの有名なChris Lord Alge(クリス・ロード・アルジ)の監修のもとYAMAHA NS-10Mの再現を目標に作られた本家と同じパッシブタイプのスピーカーです。基本的な性能はYAMAHA NS-10M Studioと同じように作られているようです。

今回はYAMAHA NS-10Mについてご紹介しましたが、NS-10Mの発売当初に比べレンジも広くより原音を忠実に再現できるスピーカーが増えてきています。ですがNS-10Mが未だに使われているようにこのスピーカーでなければ出せない音があります。

多くの種類のスピーカーがある今だからこそ自分好みのスピーカーを探してみてはいかがでしょうか。

著者:加藤 智明(音楽エンジニア)

TOPICS一覧に戻る

topへ戻る